相続・遺言

 たとえば、相続人間で争いとなり、遺産分割協議が整わない場合、家庭裁判所における調停による分割、審判による分割の手続きをとることができます。

 そこまでいかなくても、弁護士が一人の相続人の代理人となって、他の相続人と話し合いをすることにより、遺産分割協議が調う場合も往々にしてあります。

 このような場合にも、早急に弁護士に相談されることをお勧めします。 

【費用の目安】
 遺産分割調停により、相続財産として200万円を獲得した場合
  着手金 160,000円(税別)
  報酬金 320,000円(税別)

※請求金額の大小や事案の難易度により、上記金額は変動することがあります。